投資/資産運用、おもちゃ(ベイブレード中心)や生き物(ヘラクレスオオカブトなど)、英語、バイクなど
[PR] 記事内にアフィリエイト広告を利用しています

検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2024年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


月別アーカイブ

プライバシーポリシー

お問い合わせ

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

プロフィール

シンピ

シンピ
投資/資産運用、色々なおもちゃや生き物、外国語について書いています。おもちゃはほぼベイブレード、生き物は主にカブトムシ、クワガタなどの昆虫でヘラクレスオオカブト育成中。外国語は主に英語(TOEIC、英検など)。
最近は乗っていないがバイクも好き

カウンター

0 コメント

ヘラクレス雌雄オスメス♂♀判別

たまにあることだが、帰宅後確認したところプラケースの一つで幼虫が地表に出てきてしまっていた。大抵は再発酵や蒸れ、水分過多などの理由で地中にいられない危険なサインなのですぐ対処。

扇風機でコバエ防止兼湿気飛ばし兼冷却をしながら、マットを掘り返して確認する。大分暖かくホカホカになってしまっており霧吹きの水分かなにかの要因でマットが再発酵してしまった模様。ガス抜きを十分してもこういったことはたまにある。攪拌して十分空気に触れさせ、風を送って冷やしてから再度幼虫を置いたところ潜っていった。

2022_020101.jpg

他のプラケースも心配なので、幼虫のストレスにはなってしまうが掘り返して幼虫の安否とマットの環境を確認。ついでに雌雄、オスメス♂♀も分かる範囲で判別する。

見分け方だが、3令幼虫になればヘラクレスの場合は大体分かる。頭が大きく、内側の腹側 お尻の方から数えて第4節くらいにV字マーク(いわゆる「チン線」)があればオス。頭がやや小さく、V字マークがなければメス。

この写真だと青枠の部分。サムネイルだと分かりにくいので、クリックして拡大すると見やすい。

2022_020102.jpg
2022_020103.jpg

ややピンボケしてしまったが、別の個体を別の角度から。

2022_020104.jpg
2022_020105.jpg

ヘラクレスはこれでよいのだが、一時期同じプラケースで多頭飼いをしていて混じってしまったグラントシロカブト2匹とティティウスシロカブト1~2匹はこの見分け方が通用しないようなので、お手上げだ。さらにサナギになってもオスならヘラクレスとの差は角の長さですぐに判別がつくが、メスだと成虫になるまで分からなそう。

マットの再発酵は1つのプラケースでしか発生しておらず、他と何が違ったのかは全く不明。
 
こちらのサイトの写真が分かりやすい。

カブトムシ幼虫の雌雄判別法

D.H.ヘラクレス雌雄判別と中間測定
 
関連記事

コメント

非公開コメント

RSSリンクの表示

ブログランキング

にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

にほんブログ村 その他ペットブログ カブトムシへ

にほんブログ村 投資ブログへ にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ 金融・投資ランキング

にほんブログ村 英語ブログ 英語資格・英語試験へ にほんブログ村 英語ブログへ

QRコード

QR