投資/資産運用、おもちゃ(ベイブレード中心)や生き物(ヘラクレスオオカブトなど)、英語、バイクなど
[PR] 記事内にアフィリエイト広告を利用しています

検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


月別アーカイブ

プライバシーポリシー

お問い合わせ

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

プロフィール

シンピ

シンピ
投資/資産運用、色々なおもちゃや生き物、外国語について書いています。おもちゃはほぼベイブレード、生き物は主にカブトムシ、クワガタなどの昆虫でヘラクレスオオカブト育成中。外国語は主に英語(TOEIC、英検など)。
最近は乗っていないがバイクも好き

カウンター

0 コメント

フローレンシスニセヒメカブト Xylotrupes florensis

フローレンシスニセヒメカブトとは


よく行くペットショップで結構安く販売されていたので、オスメスペアで購入。

ムシキングではヒメカブトは

強さ100のはずれ残念カード

扱いらしい…

カードの説明では「小さいがファイトあふれるカブトムシ。ケンカが大好き」とあるが、その通り立ち上がり威嚇してくる。

2022_0618_01.jpg

3cmくらいしかないが、勇敢なようだ。コーカサスオオカブトのように脚が長く爪も鋭いため、手にしがみつかれると結構痛く離れてもらうのに苦労した

2022_0618_03.jpg

鳴くカブトムシ


また、これもカードの「興奮するとギィギィといかくする」という記載の通り手で触れたりすると、キュウキュウ、キーキー、ギーギーととてもよく鳴く。

オスもメスもどちらも鳴く。

いったいどこから音が出てくるか観察したが分からず、背中の部分をこすり合わせているのかと思ったがそうではなく腹部を羽にこすり合わせて出しているとのこと

2022_0618_02.jpg

2022_0618_04.jpg

植物防疫法上での扱い


ヒメカブト全般はインドネシアやオーストラリアなどが生息地だがサトウキビの茎に潜り込んで食い荒らし、沖縄などで繁殖すると被害が広がる可能性があるため輸入は植物防疫法で禁じられている。カードだと「さとうきびが大好物」

ただし、ニセヒメカブト(フローレンシスニセヒメカブト)は植物防疫法や外来生物法で禁止はされていない

こちらのページで規制対象を検索できる
生きた昆虫・微生物などの輸入について

2022_0618_06.png

ニセヒメカブトは「規制無」なので、外来生物法上の許可、種類名証明書、空港が限定されるなどの規制はあるものの正規の輸入手続きを通せば問題なく、飼育・所持も禁止されておらず可能。なぜニセがつくのかは分からない。

最大だと95mmにもなる種だが、今回購入したものは小さいのでクリアスライダーの小でも十分。落ち着いたらもう少し広いケースに移しペアリングさせ繁殖予定。

2022_0618_05.jpg
 
関連記事

コメント

非公開コメント

RSSリンクの表示

ブログランキング

にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

にほんブログ村 その他ペットブログ カブトムシへ

にほんブログ村 投資ブログへ にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ 金融・投資ランキング

にほんブログ村 英語ブログ 英語資格・英語試験へ にほんブログ村 英語ブログへ

QRコード

QR